« 君にプロポーズを | トップページ | あの有名なコピペ »

君は言う

悲しいことは忘れなくちゃ
嬉しいことも明日になれば無くなるのならば
忘れなくちゃね

んー
どーもお久しぶりです。

書きたいことがたくさんありまして。
何から話せばよいのやら。

こんなときに地震以外の話すると
そんなこと今話するなよ!
なんて言われそうですがね。
まぁ私の話なんて全てどうでもいい話
なんですがね。

この1年というか高校2年生活を
振り返ってみて、
たくさん悪いことしてきたなぁと
たくさん馬鹿なことしてきたなぁと
軽く反省してみたり。

昔の自分だったら考えられないこと
ばっかりしてきて(もちろん悪い意味で)
でもそれは自分の中で肯定してきたけど
やっぱり悪いことであったのかなとか
思ったり思わなかったり。

そんなこんなで2年の終わりになって
友達といろいろあって
今寂しい人になりにけりって感じで
消えたいとか逃げたいとか
遠くへ行きたいとか
口には出さなかったけど
ずっと心の中で思ってて、
たかがそんなことで、って
思われるかもしれないけど
私にとってはすごく大事なことで
学校へ行くのが辛くて
今も辛いけど
誰かしら誰かがいてくれるから
また新しい生活を始めようって
ポジティブとネガティブの葛藤を
繰り返していました

地震が来ました。
私が住んでいる静岡中部では震度4でした。
そのときは部活をやっていて
学校ではなく競技場にいたんですが
何気なくフェンスに手をかけたら
ものすごくぐわんぐわんと揺さぶられて
あれこれ私疲れてんのかな
それとも今強い風吹いたからそれかな
とか考えてたら周りの人たちが
地震だー!!!!
って騒いでたので
あぁこれ地震か!
ってな感じでそこでやっと地震だと
気づいたのです。

なかなか長い揺れで
しかも外で感じる揺れというのは
初体験でびっくり怖かったです。

揺れが終わったら
安心して練習再開しよしようとする選手たち。
あほかあああああああああああああああい!!!!!
もちろん部活中止ですよね。

だけど競技場から家に帰るには
電車を使わねばならなくて
でも電車見合わせになってしまって。

1時間半くらい待機して
結局親に向かえに来てもらって
やっとこさ帰宅。

津波警報のため電車が動かなかったんだけど
電車動くの待ってたときは
津波なんてこねーよー
電車動けよー
なんて考えていたんですが、
帰宅してTVつけてびっくり。
日本が大変なことになっていた。

まるで日本じゃないみたいで
事の大きさに理解するまでかなり
時間がかかりました。

身内の人も特に問題なかったみたいだし
その辺は安心だったんだけど
でもやっぱり安心しきれないよね。

東北って行ったことないし遠いから
あんまり実感わかないけど
本当に人事じゃないんだよね。

ツイッターでたくさんの人が情報RTしてたり
被災地の方にリプ返していたり
励ましあったりしてるのを見て
自分にも何かできたらな、と思っています。

節電は中電だとあんまり意味ないし
そうなると募金しか。
できることは何でもしたいですね。

そして今私が最も恐れているのが
東海地震。
来る来ると言われてなかなか来ない。
不安で夜も眠れません。
静岡中部は余震がまるでないので
それが逆に怖い。
ほんとに東日本だけ動いてるって
感じなのかね。

ツイッターでかなりびびりツイートしてるので
生温かい目で見守ってやってくれると
嬉しい限りです。

まぁ最初の方に書いたことは
なんだったのかといいますと
共通して言えるのは
当たり前の事が幸せだと感じて
噛み締めて生きていくことが
大切なんだなぁ
ということ。
私個人の出来事なんかと
一緒にしてほしくないと思うけどね。

分かってたつもりなんだけどなぁ。
過度な幸せを求めたから悪かったのかなぁ。

今回の地震で亡くなってしまった方
お悔やみ申し上げます。
助かった方
世界中の人が応援してるので
絶えて生きてください。

東京ドームでの公演で
一人で参戦した私に
声をかけてくれた一人の女の子。
宮城から夜行バスで来たと
嬉しそうに話てくれた女の子。
あの子は大丈夫かな。
またライブで会えるかな。
名前も知らないし
顔もあまり覚えてないけど
また会えるといいな。
という願いを込めて。

さようなら。
長文乱文失礼しました。

|

« 君にプロポーズを | トップページ | あの有名なコピペ »

「日常の話」カテゴリの記事